"視具連"は、視聴覚教材教具の向上と普及を図り、日本の教育の振興と発展に寄与することを目的に活動しています。

注目の製品情報

小学校・中学校向け
  児童・生徒一人ひとりに合った学びの実現 anki pocket
  学習履歴管理によるきめ細かな指導の実現 anki pocket manager
  本製品は児童・生徒用の anki pocket と教師用の anki pocket manager で構成される授業・学習支援サービスです。

anki pocket

anki pocketは,一人一台のタブレット環境や自宅学習などでご利用いただける,個別学習向けの学習支援サービスです。anki pocketを使えば,児童・生徒は自分に合った方法と進度で学ぶことができ,先生は一人ひとりの学習状況をいつでも把握できるようになります。 個に応じた学びを実現し,確かな学力の定着を支援する,ICT時代の新しい教育サービスです。

■価格(各税別)
○ anki pocket 教材コンテンツ
小学校向け(国語・算数・英語)1ID250円~,学校フリー45,000円~
中学校向け(NEW HORIZON・国語・数学・社会・理科)1ID250円~,学校フリー45,000円~

○ anki pocket manager
1ID1,800円~,学校フリー50,000円~
anki pocket managerはanki pocketユーザーの学習状況をまとめて管理するサービスです。そのため,ご利用にあたっては,児童・生徒数分のanki pocket IDが必要です。

お問合せ先 東京書籍(株)ICT事業本部営業部 TEL 0120-29-3363
E-mail soft@tokyo-shoseki.co.jp URL http://www.tokyo-shoseki.co.jp/

注目!

「わかった!できた!」の笑顔のために エルモのクラスルームソリューション
  ユニット型電子黒板「CRB-2 つたエルモん」

ユニット型電子黒板「CRB-2 つたエルモん」

■特長
今ある液晶テレビやプロジェクタがあっという間に電子黒板に。取り付け・取り外しが簡単なユニット型で、手軽に今すぐ電子黒板を始められます。

●新改良
プロジェクタの投影画面であれば90インチまで、液晶テレビへの取り付けであれば65インチまで対応可能になりました。

●先生方の活用目的に合わせて
・デジタル教科書のマウス操作や、付属ソフト「EIT」を使い、書き込みを使った焦点化の他、保存、呼び出し、拡大や授業に役立つ機能も備えています。
・実物投影機「みエルモん」と組み合わせれば、PCレスで実物教材への書き込みが行えます。

製品名 ユニット型電子黒板「CRB-2 つたエルモん」 定価 96,120円(税別89,000円)
お問合せ先 (株)エルモ社
ICTマーケティング部
TEL 052-821-3141
E-mail ict@elmo.co.jp URL http://www.elmo.co.jp/

注目!

業務用Wi-Fi基地局 EA-7HW02AP1W

業務用Wi-Fi基地局 EA-7HW02AP1W

教育現場への導入に最適な業務用アクセスポイント。5GHzと2.4GHzそれぞれで端末60台の同時通信が可能です。教室に1台設置いただくことで、生徒40名の端末が一斉に接続しても安定して通信できる環境を構築いただけます。

教室移動などにより、接続しているアクセスポイントから端末が遠く離れると、通信品質が悪化します。そういった場面でも、アクセスポイント側から端末との接続を切断することで、近くの通信状態が良いアクセスポイントへ再接続を促すことが可能です。

また屋内モデルだけでなく、屋外モデル(EA-7HW02AP2)もご用意しております。校庭でも無線LANを利用できるので、花壇で動植物を検索することもできます。

災害時に学校が避難場所となった場合は、被災者のための公衆無線LANをツール利用にてワンクリックで一斉開放することも可能です。収容できる端末数も250台と多いので、大勢の被災者にWi-Fi環境を提供できます。

商品名 業務用Wi-Fi基地局 EA-7HW02AP1W
定価 オープン価格
お問合せ先 パナソニックシステムネットワークス(株)
システムソリューションズジャパンカンパニー
TEL 0120-878-410
URL http://panasonic.biz/netsys/wifi/

注目!

平成28年度 視具連 主な行事予定

■ 「2016教育コミュニケーションズ IN JAPAN─第52回教育の近代化展」開催

「第52回教育の近代化展」は終了しました。多数のご来場ありがとうございました。

 1965(昭和40)年から毎年開催されてきている「教育の近代化展」は、今年で52回目の開催を迎えることとなりました。
 「教育の近代化展」は視聴覚・教育情報メディア、各種機器・設備、図書教材等、教育情報のあらゆる分野を網羅した、我が国でもっとも伝統あるものとして、永年にわたり教育関係者の強い支持をいただいている歴史ある展示会です。

開催日時:平成28年11月19日(土) 9:00~17:00
開催場所:(独)国立青少年教育振興機構 国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟 展示ホール
     (東京都渋谷区代々木神園町3-1)(クリックすると外部ページへジャンプします。)


 

[H26特別展示]:教育の近代化展50周年の歩み(クリックするとPDFをご参照いただけます。)

 

■ 「視聴覚機器・教材ガイドブック2017版」刊行

平成28年11月中旬刊行予定
 

■ 「eスクール ステップアップ・キャンプ 2016」主催

 全国の学校における電子黒板、タブレット端末などのICT教材・機材を活用した教育に関する展示研究を通じて、教育関係者が体験的に研修を深められる機会を提供することを目的に、文部科学省の共催を受け教材・機材体験展示会を開催します。
 本展示会では、各地で先進的な取り組みをされる先生方によるデジタルポスターセッションやワークショップを実施します。

開催地域/日程:【東日本大会】岐阜県岐阜市 平成28年12月10日(土)
        【西日本大会】兵庫県神戸市 平成29年 2月 4日(土)
出展企業および展示内容【準備中】

関連リンク: eスクール ステップアップ・キャンプ

 

■ 各種調査研究事業

準備中